ブレッドボードのモジュールの部屋へようこそ
この部屋では、ブレッドボードで、いろいろ遊ぶためのツール等を紹介します。
あとは、スイッチ類とOP−AMPロータリーエンコーダなんかもブレッドボードでは
難しいので、このようなモジュール化が必要だと考えています。、
LCDボード PIC−BASIC開発キット

LCD表示のため、コントラストや、D0〜D3までのグランド配線をしなくてすむように、これらの部分を組み込んでみました。配線の本数が5本減らせます。PIC−BASICのマザーボードで、動作確認をしました。

ここのLCD端子に、左のLCDをつないで確かめました。実は、最初、ピン番号を間違えて、VccとGndを逆さにつないでしまい、16F88とRTCの回路で動作確認が出来ず、LCDを壊したのかと思い、550円のLCDを追加購入しましたが、問題なく手持ちのLCDは正常に動作しています。
LCDボードの裏

2列のピンのメスとオスをつなぐ必要がありますが、この(多分サンハヤト)パーツを使うと配線がすごくラクに出来ます。列が入れ替わるのが問題ですが。これは、半田付けした状態ですが、このあと、パーツと基板の間に瞬間接着剤を染み込ませておくといいようです。

これも、同様に、RS−232Cのドライバつきのモジュールです。PIC単体や、1100円のPIC−BAISICスタンプに使えそうです。裏は、やはり左のパーツを使っています。