DAC(デジタルアナログコンバーター?)の作成

部品の調達
本日買い出しに行った成果です。
上野さんのHPを信じましょう。
間違いなく手に入れられます。
デジタルの受光部は千石で見つけました。
中央が手作りアンプの会で領布された専用基盤です。
これがメインとなる部品ですが、秋月で700円ですから、そうたいした金額ではありません。
1%の精度の1kΩ抵抗100本です。どのくらいのばらつきでしょう。デジタルテスター(秋月製)で当たってみます。
1.000KΩと表示されています。0.9995k以上1.0004以下と言うことですから、±0.05%程度です。これで良品とそうでないものを選別します。
40本見つかりました。十分です。
2.000KΩと表示されています。1.9995k以上2.0004以下と言うことですから、±0.025%程度です。これで良品とそうでないものを選別します。
18本見つかりました。もう一度千石で300円分買ってきます。

本日はここまで。
ピンボケですが、音だし出来ました。無謀にも配線チェック後すぐつないで電源入れたら無事音が出ました。
でも事前に調整があるんですね。
HPのオシロなし調整をしました。ばっちり2.000KΩに調整して再度電源投入。
うん?
あまり変わらない。CDのソースが悪いのか、CDを変えてみましたが、若干ノイズらしきものが?
スピーカーに耳を当てるくらいに近づくと聞こえます。
はて?ボリュームを回しても変化が見られません。
こんな感じでテスト中です。
電源は秋月の600円のスイッチング電源です。コンセント型(?)の。
ACアダプタって言うんですよね。 電源に問題ありか?
明日は、ケースと電源に手を入れてみようかと思います。
本日はこれまで。
13日AM0:20でした。
<戻る>
<進む>