電子パーツの部屋へようこそ
この部屋では、特に特徴の無いパーツ類をご紹介します。
と言われても困りはしないものの意味はありませんでしょうが、まあ見てやってください。


電子パーツのその2
工具の部屋

見てるだけで楽しいパーツ達
 パーツケース
秋月の安いパーツ PIC
 センサーとかDCDCコンバータとかいろいろです。そろって来るとうれしくなります。何に使うんじゃい!と怒られそうですが、集めとんじゃい。です。

8ピンのPICからdsPICまであります。なぜかPIC32はありません。MikroBASICのPIC32版はなくPICとdsPICの2つしかライセンスがありません。
PSoC AVR

PSoCです。あまり持ってないです。

左は、Arduin です。何枚あるか知りません。AVR単体のライターは、パラレルIO(プリンタポート)用なので使えないです。
未開封のキット ちょっと変なもの

 H8系のキットですが、未開封です。PICのキットもありますね。いつ買ったんだろ?

これは、文鎮です。でも、70年以上も前のものです。太平洋戦争前に、老朽化で廃艦になった駆逐艦ですが、下士官たちにはその船の金属で文鎮を作って振舞ったそうです。なんとものんびりしていますね、さすが海軍さん。船底には海軍の刻印があります。もともとはシルバー仕上げでしたが、保存が悪く、シルバーめっきをはがして、24金メッキを施しました。ピカピカとは言えませんが、腐食はとまったようです。
これも、眺めているだけでうっとりする。
LCD ユニバーサル基板

秋月のLCDです。実際に組み込み済みのものもありますので、かなりあります。
でも40桁系の未入手や1行系(@300円)の入手ミス(意味不明?)もあり、まだまだひよっこです。
また、グラフィックLCDにはいつも心を奪われますが、外見が同じため(また、意味不明?)躊躇しています。これが後になって取り返しのつかない(大げさか?)1行LCDの未収集と同じあやまちと(?)なるかもしれません。
【追記】グラフィックLCDをついにゲットしました。
もちろん使う予定はありません。(キッパリ)

【さらに追記】使い方を発見しました。

これこそ、いざと言うときに何枚かもっていると安心ですが、そのいざと言うときに使ってしまうことに躊躇します。あえてこのボードを使って作る意味があるのかと自問自答します。
最近、感光基板のキット(これもキットかよー)を買ったので今後も買い続けるか?たぶん買うと思います。
PIC−BASIC H8/3048

PIC−BASIC スタンプ1ですね。よーく見ると、LCDがバックライト付、CPUボードはクリスタルバージョンと手をいれてあります(自慢?)
でもちゃんとDDSコントロールに使ってみました。
手軽に使える一品です。

これが、マイコンにはまるきっかけとなったH8です。
”即使えるキット”という怪しい文句につい購入してしまいました。当初は、このボードにいろいろスイッチをつけたりして遊んでいましたが、徐々に不満が募りI/Oボードを。
I/Oボード H8/3052

これは、H8/3048とセットになるI/Oボードです。
LEDを32個実装するのに一苦労しました。「C言語によるH8マイコン」なる雑誌に掲載されているのものサブセットです。この本の回路図のパーツ名が誤植ありです。まあ、わかりますよね、ふつー。
苦労のわりには意味の無いボードです。

最近買った3052です。すでに実装してありますので、当然、もう一枚未使用品があります。無いと不安です。(?)
3048の書き込み回路は面倒ですが、3052はS/Wひとつで出来ます。もう一個同じケースを作りたいです。
タカチのケース H8/3664

と言うことで、タカチのケース達です。秋葉のケース屋さんではありません。YM−100とYM−130の間にYM−115というのがありますが、高さが20mmなので買っていません。って、それがどーした。YM−180が2個あります。失敗です。

H8フリーク(?)としては、はずせないTinyと呼ばれるボードです。「H8/Tinyマイコン完全マニュアル」も欠かせません。これは、I/Oボードが700円と消費者の心を揺さぶる価格設定になっています。
H8/3069(LANなし) H8/3069LAN

H8の上位モデルに位置づけられます。ケースに組み込みました。組み込みマイコン(ちがうだろー)です。発売当初はこのモデルのみでしたが、LAN版やUSB版が発売されたことで、あえてLANなしとMLでは呼ばれています。この、スイッチが並んだ状態は、かつての80系68系のマイコンを髣髴させます。ちなみに私は6502でTTYから先に作って画面に字を表示して遊んでいました。

これがいわゆる(?)LAN版です。このまったくセンスの無いマザーボードはぜひ一品お手元に加えてはいかがでしょう。(みついわさんならごめんなさい)
このボードについては、めんどりさんのHPが入門者には最適です。
H8/3069(LAN) H8/3069USB

これが、すなおに組み込んだ3069LANです。コネクタをバックパネルに移し、正面にはLCDを配置しています。なんと書き込みと実行モードはS/Wひとつで切り替えられる優れものです。なぜか、赤外線受信モジュールが取り付けられています。さしあたり、MES2.0リアルタイムOSが書きこまれており、TFTPでLAN経由でファイル転送ができます。PC側でクロスコンパイルして転送し実行させます。(LEDちかちか?)LAN経由でIEから直接このボードのLEDを点灯させることも出来ます。(だからどうーした)

写真の方向を間違えました。これがUSB版です。MLでは在庫のみとうわさされ早速購入しました。当然ですが、組み立ててはいません。噂が流れてから早一年、まったく問題なく売ってます。くぉらぁ、えーかげんなことMLで流すなー。

3069は4種類あるわけですが、LAN版は、LANのマザーボードに刺さってるやつと、ケースに入ったやつと2つありますので、都合5枚あるわけです。
H8 USB開発ボード H8/3052

ひととおりそろってくると、やはり必要になります。3052のマザーとして使おうかと思い購入しました。でも、S/W一個で書き込みモードへの切り替えが出来るので、たぶん組み立てないでしょう。

3052の未使用品です。うっかりCDあり版を買って来ました。200円もったいないですぅ。このボードが一番使えるボードのような気がします。メモリもある程度あるし、BASICコンパイラが使える。ランタイムルーチンのパッチ変更については、連絡いただければお伝えできます。
PIC 16F84 BSBパラレル変換

なぜか、このとき購入するものが無く、無意識に手に取り、購入しました。自分のちっちゃなライターで書けるかも知りません。この価格設定にはまったのでしょう。1000円を切るのです。この黄色い説明書に惑わされます。

いかにも怪しげです。昨日購入しましたが、私ほどの秋月常連者(基本的には週2回訪問)ですら気づかなかった代物です。これにも怪しげに、「VBは得意だけどハードウェアはと言う方に」。そもそもH/Wが不得意なやつが秋月を訪れるとは思えませんが、どんな人がターゲットなんでしょ。(2007/04/30)
PICマイコンボード MSP430 アナログ搭載マイコン

実験・学習用らしいです。16F8xシリーズなので、多分(?)手持ちにありそうです。ありゃ。16F88が一個しかないです。いっかーん。大至急調達の必要あり。日ごろの精進が。いかんです。
多分、いや、PIC以外に不足パーツがあると思いますが、そもそも、オンボード書き込みって、何か作らんといかんのとちがう?(2007/0503)

いかにも怪しげな、トラ技1月号の専用基板らしいです。秋月で買うものがなくなってきて、(3052のLANが見つかりません)仕方なく千石とマルツに行き、マルツではわけの分からんボードが500円くらいなので買ってみました。トラ技の1月号は、家に帰るとありました。ううっ。なんてオタッキーなのかしら?(2007/0503)
3軸加速度センサー 最後に

最近はやりのWiiやら904などはこういうの使ってるんでしょうか?
最後にと書きましたが、たぶん、なにかしら追加されると思います。すでに追加されました。
           
さしあたり、これが気になります。3052でLANが使えるマザーです。まだ買っていません。BASICでソケット通信が出来れば買うと思います。

探したけどありません。なんで?あったら何ぼでも買ーたるのに。
【追記】ありました。手が出ません。m(_ _)m