PICを使った基板達
PICを少し勉強しようと、汎用の手作りの物や、キットなどの紹介です・
秋月XX高専基板 PIC18本格活用ガイド
これって、けっこう使えるんです。PICの勉強にはもってこいかもしれません。いま、この写真では、サーボモーターをつなげているところです。
PIC16F886

上記の本を買うと、基盤がついてきたと思います。その一部を作った状態です。アナログのオペアンプがまだ、刺さっていません。
PIC18F2620
自作の汎用基盤 自作の汎用基盤

PIC18F4550です。RAMエリアが大きく、USB対応しています。ここでは、UARTで、液晶ディスプレイにひょうじさせています。このディスプレイ高いです。五千円です。カラーグラフィックです。

PIC16F86Aです。基本中の基本ですかね。PICKITを直接つないで書き込めます。
PICKITを買ったらついてきた 自作の汎用基盤


PIC24FJ64A002当初は日本にはなくて、Microchip社からサンプルをいただきました。
今は、秋月でも買えます。
ステッピングモータ MikroElektronika

素でくみ上げて、プログラムを書き換えて、時計のワインダーを作りました。

同社のBASICコンパイラを買ったので、ついでにライターも買ったら、ついてきた基盤です。
PIC18F25K26
7セグメントのLEDの基盤 LEDバーコード

いずれも、ブレッドボードで使えるかなと思って、つくりました。

同左
音声発生 ヒノキのスピーカー

シリアルで、ローマ字で送信すると、しゃべってくれます。便利なボードです。

尾鷲ヒノキを使った、ヒノキのスピーカーボックスです。ダクトもヒノキで削り出しです。